投稿日:

高圧電気と低圧電気の違いとは?

こんにちは!
東京都大田区に拠点を置き、全国各地で電気工事を手がける株式会社ナカタ電業社です。
私たちは東京都内や全国各地にて、高圧工事やキュービクル更新工事、LED照明工事などを承っています。
今回は、高圧電気と低圧電気についてご紹介いたします。

高圧電気と低圧電気

図面と工具
高圧電気と低圧電気は、電力の伝送や使用方法によって異なります。
適切な電気設備を選択することで、安全かつ効率的な電気使用が可能となります。

高圧電気

高圧電気は、1,000ボルト以上の電圧を持つ電気のことを指します。
大規模な工場や産業施設などで使用され、遠隔地までの電力を伝送するために使用されます。
高圧電気は、人体に危険な電気ショックを引き起こす可能性があるため、適切な安全対策が必要です。

低圧電気

低圧電気は、1,000ボルト未満の電圧を持つ電気のことを指します。
家庭やオフィスなどの一般的な場所で用いられます。

高圧電気と低圧電気を使う場面

高圧電気と低圧電気は、異なる用途に適した電気システムです。
高圧電気は、配電網からの大量の電力を効率よく配分するために使用されます。
長距離の伝送に対応しており、工場・発電所・大規模な商業施設などに用いられています。
高い危険性があるため、取り扱いには専門の知識と技術が必要です。

一方低圧電気は、家庭やオフィスなどの小規模な施設に用いられ、家庭用の電気製品や器具などを接続するために使用されます。
低圧電気は比較的扱いやすく、場合によっては一般のユーザーも扱うことができます。
高圧電気と低圧電気の使用場面は、施設規模や電気の使用目的によって異なります。
大規模な施設では高圧電気を使用し、小規模な施設では低圧電気を使用することが一般的です。
両者の使用には異なる法規制や要件があるため、正確な知識を元に適切な選択を行うことが重要です。

高圧電気と低圧電気も扱っております

右手を出す女性
弊社は東京都大田区を拠点とし、全国各地で電気工事を行っています。
一般電気設備工事に加え、高圧受変電設備工事、太陽光設置工事、弱電通信設備工事も承ります。
昭和50年の設立以来、様々な施工現場に携わり、技術と経験を培って参りました。
お客様のご要望をしっかりと把握し、高品質な施工をご提供いたします。
電気工事のご相談はお電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

東京都などの電気工事・通信工事は大田区の株式会社ナカタ電業社
ただいま求人募集中です。
〒144-0054 東京都大田区新蒲田1-5-2
電話:03-5744-0011 FAX:03-5744-0012

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

電気工事の現場で働きませんか?

電気工事の現場で働きませんか?

はじめまして!株式会社ナカタ電業社です。 弊社では東京都大田区を中心に電気工事を行っております。 今 …

弊社社屋の外壁改修工事

弊社社屋の外壁改修工事

こんにちは!さまざまな電気工事にご対応している株式会社ナカタ電業社です。 今回は、外壁改修工事を行っ …

電気工事のご依頼前の不安解消!

電気工事のご依頼前の不安解消!

はじめまして!株式会社ナカタ電業社です。 弊社では大田区を中心に電気工事を行っております。 今回は弊 …